心配な子供の偏食について

子供を持つ親なら、子どもの偏食の問題は深刻です。

子供は、ある程度の好き嫌いがあるのは、自然なことと言えますが、毎回好き嫌いを言われると大変困ります。少しくらいの好き嫌いであれば、正確には偏食とは言いません。

問題となるのは、野菜や魚といったある特定の食品が食べられない場合です。つまり、食べることができる食材の枠が狭くなっている状態のことをさします。

偏食で心配されるのが、摂取できる栄養の偏りです。特に、成長や発育に欠かせないビタミンやミネラルが不足する傾向が見られます。ですから、たとえ特定の食品が食べられなくても、栄養学的に代わりとなる食品を食べるようにすれば問題ありません。たとえ、魚が食べられなくても、肉・卵・大豆製品を代わりに食べるようにすればよいというわけです。
そうすれば、骨や筋肉やエネルギーを作る源が確保できるわけです。
バランスの良い食事を心がけるのが1番でしょう。
【フィジカルB】、効果