首に年齢が出やすい原因について【リンクが2つ以上含まれた投稿は出来ません】

首は顔よりも年齢が出やすいパーツでもあります。

顔は皆さん化粧品で年齢を隠しますが、首や手の指は余りケアしていないのか、年齢がもろ出てしまいます。

ほとんどの人は、化粧で誤魔化している顔よりも首でその人を年齢を判断できるといいます。まずは首のシワの原因を知って、確実なケアや予防を行いましょう。

じつは首の老化には枕の高さや姿勢による原因も大いに関わっています。首の形状記憶というものが考えられます。首は、会話であいづちを打つときにうなずいたり、あちこちを見渡したりと、伸縮の多い部位です。そのため、形状記憶のシワができやすいのです。枕の高さによって、首にシワができたまま同じ姿勢を続けると、大きくて深いシワになってしまうというわけです。

また加齢による原因においては、皮膚の老化・衰えによるところもありますが、真皮の中にあるコラーゲンやエラスチンなどの水分の保持能力を持つ弾力成分が減少することで、皮膚の復元力が無くなるというメカニズムも影響しています。そしてバリア機能が低下して、シミやたるみがでてくるのです。

意外と簡単にできてしまう首のシワ。ぜひ早めに対策を行っておきたいものですね。
毎日、ほうれい線のエクセサイズとともに首のエクセサイズを取り入れるのも1つの手かもしれません。
ライスパワー